マニフレックスマットレスの基本構造は硬い高反発エリオセルフォームと低反発のような感触のエリオセルマインドフォームの2種類の素材組合せでで出来ています。価格の違いは2種類の素材の厚みの組合せの違いやエリオセルフォームだけの商品やマインドフォームだけの商品で違いがあります。

 

2層構造の場合は上層のマインドフォームは低反発ような柔らかい感触があります。しかし一般的な低反発と違い高反発を謳うだけあり長年使うと明らかにその耐久性が全然違いでます。復元率が高いので長くフィットしやすい柔らかさが維持されます。

下層のエリオセルフォームは高反発のようなしっかりとした素材で体の体重を支えます。

 

よりしっかりと寝心地は高反発エリオセルフォームだけでできたものの方がしっかりします。価格的にもコストパフォーマンスが優れています。

 

よりフィット感や柔らかさを重視される場合はマインドフォームだけでできたものの方が低反発に近い寝心地になります。この場合は低反発に近いので単体で使われるよりも今ある硬いマットレスの上に敷かれるような併用されることをおススメします。

一般的なマットレスと違うマニフレックスだけの特徴

マニフレックスの高反発エリオセルは体重が異なっても体重に合わせた反発力によって体圧分散性を発揮します

マニフレックスの高反発エリオセルは低反発素材と違って夏・冬の温度変化の違いによる寝心地の違いが生まれないので一年を通して快適な寝心地を保証します

マニフレックスの高反発エリオセルは水蒸気で膨らませているので

高い通気性を実現しているので快適な寝心地と高い耐久性を実現します

マニフレックスの高反発エリオセルはマニフレックス社によって商品ごとに長い耐久性を保証されています

それぞれのタイプの特徴

三つ折りタイプなら部屋をベッドマットレスのように占拠しないので広々と部屋を使えます

使用場所も自由自在、フローリング・畳・ベットの上・違う部屋での使用もできます

カバーが外せるのでヘタリやすい真ん中を上下と入れ替えできます

カバーを外せるので万が一汚れてしまっても洗うことが可能です

ベッドマットレスタイプなら三つ折りタイプやお布団タイプと違って厚みが出るのでよりマニフレックスの高反発を活かしたしっかりとした上質な眠りを味わうことができます

三つ折りタイプと違って境目がないので三つ折りタイプの境目が気になる方にはより安心した眠りを実現します

金属のスプリングを使っていないので折り曲げることも可能です

金属のスプリングを使っていないので商品によっては女性でも立てかけることが可能です

お布団タイプなら今までのお布団のような使い心地と取り扱い方が可能です

芯材が高反発エリオセルなので一般的なお布団のようのペチャンコ

になる心配がなく後々別にマットレスを下に敷くこともないので布団でかさばって収納の心配もいりません

商品によって芯材とカバーを取り外せるのでカバーだけをご自宅で洗うことができるので一般的な布団のように丸洗い専門の業者に出さなくてもいつも清潔です

まくらはマニフレックスの高反発素材の中でもより反発力の高いマインドフォーム素材を使用しているので低反発の感触と高い反発力でより頭・首をサポートしてくれるので深い眠りに誘います

長年使っても粒わた・そば殻など最初との使用感の違いがないので

長く高さをキープしたまま使えます

夏・冬の温度変化にも素材は感触が変化しないので一年を通して同じ寝心地です

長持ちさせる必須アイテム

マニフレックスの高反発エリオセル素材は水蒸気によって膨らませているので湿気含むとマニフレックス本来の高反発性能が弱くなり

柔らかさが感じられるようになります

しっかりと湿気を取って頂くとマニフレックス本来の高反発性能が長続きしてより快適にお使いいただけます


マニフレックス専用の除湿シートは丸洗いできていつも快適にお使い頂けます

裏に滑り防止生地を採用しているので一般的な除湿シートのように

ズレが生じにくいです


除湿シートの使い方は湿気の度合いによりベッドマットレス・三つ折りタイプの上にも下にも使えます

お布団タイプならお布団の中に差し込めばズレる心配もなく収納もラクラク

マニフレックスQ&A

Q.買ったばかりなのにエリオセルの芯材の表面に白いシミみたいのがあるけれどカビなんですか?

A.2種類のエリオセル素材を接着するときに使用する水溶性の接着剤です。人体に無害の接着剤なので品質には問題はありません。

 

Q.「マニフレックス」マットレスには、長期保証が付くと聞きますが、どのくらいですか?
A.現在、敷寝具や枕でこれ程の長期保証が付く品物はありまん。
ご購入時には保証書が同送されますので、よくご覧の上で大切に保管してください。
◆モデル246、マニ・スポーツ、マニオリンピア、フラッグFX、エア・メッシュ・・・12年
◆メッシュウィング、DDウィング ・・・10年
◆スーパーレイEX、イタリアンフトン ・・・3年
◆マニフレックスまくら全種類・・・3年

 

Q.その保証とは、どのようなものですか?

A.芯材の「へたり」に対する保証です。

「へたり」とは、横からはっきりと凹みが確認できるような状態、もしくは押しても戻ってこない弾力のない状態をいいます。
保証期間内に「へたり」と感じた場合、ご連絡の上、返送いただき、マニフレックスの日本代理店フラグスポートで検査を行います。その結果、「へたり」が確認された場合は、新しい商品とお取替えいたします。
※カビや汚れ、側地の破損、外部からの損傷、天災なとについては、保証の対象外となりますので、ご注意ください。
※汗による湿気で一時的にウレタンの湿気が抜けきらず、やわらかく感じる場合があり
※保証書と当店からの納品書の提示が必要になりますのでいっしょに保管してください。

 

Q.商品が届いて開封したのですが、試した時よりも硬く感じました。なぜでしょうか?

A.開封してすぐは空気を完全に含みきれずに密度が凝縮しているため、硬く感じることがあります。ご使用していただきている内に元の硬さに戻ります。
気になる場合は、数日マットレスの上で足踏みをして空気の循環を促せば、早くもとのマットレスの感触になります。

 

Q.マットレスを開封した際の膨らみが不十分に感じました。どう対応すればよいですか?

 A.真空ロールアップされたマットレスが開封してから復元するまでに、通常ではエリオセルで15分、エリオセルマインドフォームで1~2時間程度かかります。
しかし、冬季は低気圧の影響もあり、膨らむまでに時間を要します。冬季以外でも気流の流れなどによって、膨らむまで時間を要することがありますが、この現象は商品の不良によるものではありません。
1~2時間経っても膨らまない部分がある場合は、芯材がぴったり密着したままで、空気が上手く入り込めない状態にあります。空気が入りやすくするためには、膨らんでいない部分の周りを押して空気を出し入れさせたり、マットレスを折り曲げたりしてください。

 マットレスの四つ角が膨らまない場合は、芯材と側地がずれている可能性もありますので、それぞれの角があうように、形を整えてください。そうすると、少しずつ空気の通り道ができてきます。
また、芯材をゆっくりと軽く引っ張りながら揉みほぐすことや、布団乾燥機を使用して暖かい空気を送ることも効果的です。
状況によっては、1週間以上かかることもありますが、ゆっくりですが必ず元の状態に復元するのでご安心ください。

 

Q.マットレスは真空パック状態で届くそうですが、一度開封したマットレスを再度ロールアップできますか?
A.「マニフレックス」マットレスは、オープンセル分子構造で優れた通気性があるため、真空ロールアップが可能です(非常に特殊な大型機械でバキューム、ロールアップをしています)。開封すると元のサイズに膨れます。これはマニフレックスだけの特性です。
ただし、一度開封すると手軽に再ロールアップすることは出来ません。

 

Q.「マニフレックス」マットレスに裏表はありますか?
A.ありません。裏表・上下ともに関係なくご使用できます。
両方の面を交互にご使用された方が、湿気も抜けやすくなり、更に長持ちします。

 

Q.マットレスの上に、ベッドパットや敷布団などを敷いても大丈夫ですか?

 A.マットレスの上には、できればシーツのみを敷いてお使いください。
「マニフレックス」マットレスは、「体圧分散効果」に優れた商品です。厚手のものを敷くと、その効果を十分に発揮できないことがあります。
どうしても汗などの汚れが気になってベッドパットを使用されたい場合は、汗取りパット程度の厚みくらいまでしたら大丈夫です。マニフレックスのベッドパットやマニシート、ケット&シーツでしたら、併用はおすすめできます。

 

Q.マニフレックスの特徴である「体圧分散」は、身体にどのような良い影響を与えますか?
A.体圧が分散することで、身体にあたるところがなく、血流も促進することになり、自然で正しい寝姿勢を保つことができます。そのため、寝返りの回数が激減し、腰痛や肩こりといった原因を取り除くことができます。

 

Q.フローリングの部屋でも、直にマットレスを敷いて使えまか?
A.大丈夫です。すべてのマットレスがフローリングでも直に敷いて使用できます。ただし、床面との間に溜まった湿気が抜けにくくなってしまうことがあるので、2週間に1度程度、お部屋で立て掛けて風を通し、湿気をしっかり取り除いてください。除湿シートの併用をおすすめします。

 

Q.電気毛布や布団乾燥機を使用してはいけないというマットレスが多いのですが、このマットレスも同じですか?
A.いずれも使用も大丈夫です。
マニフレックスは、温度による芯材の硬さの変化はありません。夏は柔らかくてグニャグニャし、冬に硬くなって痛いということはなく、一年中同じ感触でご使用いただけます。

 

Q.マニフレックスを使い始めたばかりなのですが、違和感があります。しばらくすると体に馴染むのでしょうか?
A.はい。今まで長く習慣づいていた身体が慣れるのには、少々時間がかかる場合もあります。
使用後、即「すごい」といって喜んでくださる方がほとんどでが、稀にこうした時間を必要とするデリケートな方もいらっしゃいます。
まずは、横寝から入いるか、一枚毛布的なものを緩衝材として敷いて使用し、慣らしながら使用されてみてください。

 

 

Q.マットレスのお手入れ方法について教えてください。
A.2週間に1度程度、お部屋で立て掛けて風を通し、湿気をしっかり取り除くだけで大丈夫です。日光に当てる必要はありません。
「マニフレックス」マットレスは、汗を吸い、湿気を放出するという素晴らしい特性を持っています(芯材の<エリオセル>がオープンセル分子構造だからです)。表面は常にサラサラです。
とはいえ、発汗が激しかったりする日が何日も続くと、汗が底まで突き抜け、その水分がカビ発生の原因となることがあります。そのため、2週間に1度程度のお手入れが必要です。
※カビの発生は、保証の対象とはなりませんのでご注意ください。

 

Q.マットレスは洗濯できますか?
A.ウレタン・フォームなので、マットレス自体の洗濯はできません。

 

Q.フレームやスノコを使えば、お手入れの必要はなくなりますか?
A.完全に湿気が抜け切ることはないため、やはりお手入れは必要です。

 

Q.定期的にお手入れができない場合は、どうすればいいですか?
A.湿気取り用のシートをマットレスの下に敷くことをおすすめします。

 

Q.湿気取り用のシートは、「マニフレックス」でも取扱いがありますか?
A.あります。
純正の除湿シートで、人体や環境に優しい、半永久的にご使用いただける商品です。湿気を吸収するだけでなく、消臭効果や防ダニ・防カビ効果も持ち合わせた優れたシートです。、ベッドパットのようにシーツの下にセットしてお使いいただくこともできます。ご家庭で洗濯もできます。

 また、色の変化でお手入れ時をお知らせする「ウェット・シグナル」機能がついています。色がブルーからピンクに変わったら、天日干しし、色がブルーに戻ったらサイドご使用ください。

 

Q.通気性に優れたマニフレックスでもカビが生えるのことがありますか?
A.お手入れをせずに、発汗が激しかったりする日が何日も続くと、汗が底まで突き抜け、その水分がカビ発生の原因となることがあります。
カビは身体に悪い影響を及ぼします。食品のみならず、カビはアトピーやアレルギー発症源と云われています。日本の住宅は機密性に優れているため、冬の結露はカビの原因となりますし、夏の湿気はカビ発生の元凶です。
「2週間に1度、マットレスを立て掛ける」というお手入れが難しい場合は、マットレスのカビ防止はもとより、住環境の安全のためにも通気、そして除湿シートの併用をおすすめします。

 

Q.テンピュールとの違いは何ですか?
A.テンピュールは低反発ウレタン・フォームに対し、マニフレックスは高反発ウレタン・フォームです。

 

Q.高反発フォームは低反発フォームとどう違うのですか?
A.低反発とは、「反発が低い」こと。つまりテンピュールのような低反発ウレタンでは、身体を横たえると、マットレスが体重と身体のラインにそって沈み込みます。
一方、「反発が高い」高反発では、身体を横たえると、一度沈み込み、そこから身体の圧力を均一に分散して、身体のラインに沿って押し上げてくるものをいいます。
低反発ウレタンは、底づきがし、寝姿勢が腰落ちのままになる恐れがありますが、高反発ウレタンなら、瞬時に反発して身体を支えるため、常に正しい寝姿勢を保つことが可能です。また、低反発ウレタンは、空気を通さない構造ですからムレが生じます。更に温度の変化により、芯材の硬さも変化します。
それに対し、高反発ウレタンは空気を通す構造なので通気に優れ、ムレません。温度による芯材の硬さの変化もありません。

 

Q.マニフレックスは、ウレタンなのにムレないって本当ですか?
A.本当です。
マニフレックスの芯材は、特殊なオープンセル分子構造で、通気性にとても優れています。だから、汗をかいても吸収し、しっかり発散させていくので、ムレないのです。

 

Q.介護用にも使用できますか?
A.角度70度のリクライニングに対応できるので、ご使用できます。
また、介護用サイズのマットレスもありますので、ご相談ください。